ガルフストリーム BMWブログ

カテゴリーカテゴリー

月別記事一覧月別記事一覧

2021年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

BMW E91 325i オレンジウルフ ECDキット 進行中NEW

BMW E91 325i オレンジウルフ ECDキットお取り着け只今進行中です!

普通のサスペンションキットでしたら取り着けして終わりなのですが

当社オリジナルサスペンションキットは室内から減衰変更を可能にする為

ダンパー上部にモーターを組み込みそこから配線を室内に取り込みます。

これが実に大変な作業でして時間を要します。

そしてそれが完成しましたら4輪の車高を全て同じ高さに揃えます。

これも実に時間が掛かります。

兎に角拘りに拘ったサスペンションキットですので取り付けにも細心の神経を使って組み込みます。

と言いますか取り付けこそが命でして、ここが完璧でないと良い製品が生きません。

ですのでお客様には、お時間だけは頂いております。

今回もご理解頂きまして誠にありがとうございました。

 

0 いいね!

この記事が気に入ったら「いいね!」を押してね

Posted at 2021/07/24 19:24:02コメント(0)

BMW E92 320i サスペンション交換の仕上げNEW

サスペンション交換後のアライメント調整を行いました。

肝心なリア数値ですがリアキャンバーは基準値より0.03分起こせませんでしたが

調整出来る箇所は全て鬼アライメント調整としました。

一番気になりますのはフロントキャンバーの誤差でして

走行距離はメチャ少ないですが年式から言いましてフロントのアームの摩耗は否めませんね!

お客様も希少な左ハンドルMTですから、これからも大事にされたいとの事ですので

次回はフロントサスペンションアーム交換が、お勧めですね!

サスペンション交換、オイル漏れ修理が完了しましたので後は納車のみです。

お車がとても若返りましたので、お渡しするのが楽しみです!

今回は誠にありがとうございました。

8 いいね!

この記事が気に入ったら「いいね!」を押してね

Posted at 2021/07/23 19:12:48コメント(0)

BMW E91 325i オレンジウルフ ECDキット&カーボンLSD お取り着けNEW

本日神奈川県より BMW E91 325i のお客様にお越し頂きました。

今年5月にご予約頂きまして本日の運びとなりました。

随分とお待たせして申し訳ございませんでした。

お取り着けの内容はオレンジウルフ ECDキットとカーボンLSDです。

ただお越し頂いて同乗試運転をさせて頂いたのですが、ステアリングの中心付近がかなり曖昧でして

多分サスペンションがシャキッとしますとフロントアームのへたりが顕著に感じられる様になります。

とお客様にお伝えしたところ折角良いサスペンションキットを組むんでアームも同時交換して下さい!

と相成りました。

都合本日より日曜日までお預かりして進めさせて頂きます。

今回は誠にありがとうございます。

7 いいね!

この記事が気に入ったら「いいね!」を押してね

Posted at 2021/07/22 19:15:12コメント(0)

BMW E92 320i 最後の仕上げ

作業の最中、お客様よりエアクリーナーの汚れを診て下さいね!と言われました。

元々BMCエアクリーナーを装着して頂いていたのですが、フィルター下部のゴムがもう崩れてしまってました。

それもそうです装着後かれこれ10年以上経っていますので無理もありません。

ですので再度BMCエアクリーナーを発注しました。

以前は3角形の筒状でしたが、今は円柱状態で容量も大きくなっていました。

きっと高効率を狙った改良なんでしょうね!

このモデルにはバルクヘッド上部のプラカバーにエアコンフィルターが装着されています。

外してみますとエアコンフィルターはもう目詰まりまくりでしたので

ボッシュエアコンフィルターへと交換させて頂きました。

最後の仕上げをしましてエンジンルームが元通りになりました。

後は埃を払い綺麗に磨いて終了です。

6 いいね!

この記事が気に入ったら「いいね!」を押してね

Posted at 2021/07/21 19:17:02コメント(0)

BMW E92 320i エンジンオイル漏れ修理

足周りの整備も無事終了しましたので次はエンジンオイル漏れ修理に掛かります。

オイル漏れしている処は、ますはエンジンヘッドカバーパッキンからです。

昔はヘッドカバーが金属でしたのでパッキンのみの交換で良かったのですが

この年代ではカバーがプラスチック製の為、破損も考えられますので

ヘッドカバーアッセンブリーでの交換を推奨させて頂いております。

仮に現段階で破損が無くても、いずれの経年劣化によりオイル漏れ発生では

2度手間になってしまいますので、お客様にお勧めしています。

 

そして2箇所目はバキュームポンプからのオイル漏れ修理となりました。

このパーツはエンジンの最後尾にありますので、とても交換が厄介です。

BMWならではのエンジンフロントミッドシップ化は性能的には素晴らしいのですが

整備性は最悪です。バルクヘッドとの隙間が無い故、工具も選びますし

遮熱板で手がズタズタになります。

特にメカニック専務は指が太いので可哀想ですね!

でも頑張ってやってま~す!

 

10 いいね!

この記事が気に入ったら「いいね!」を押してね

Posted at 2021/07/20 19:37:16コメント(0)

アクセス記事ランキング