ガルフストリーム BMWブログ

カテゴリーカテゴリー

月別記事一覧月別記事一覧

2008年2月
« 12月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

2008年02月の記事一覧

BMW E36 M3C ヘッドOH

自分でこんな事を書いてしまうのは恐縮なんですが、BMW E36 M3C 全くの別車になりました。

完成して試運転させて頂きましたが、何と表現していいか解らないほどに痺れました!

以前も書いたと思いますが3000rpmぐらいでシフトアップして走行しますと、お!流石3200ccのM3Cだな! 

力あるな!と感じたんですが、いざその上の回転にいくとその回りの遅い事(お客さんごめんなさい)

はっきり言いまして私の車と比べますと、こりゃMじゃないな!そのぐらいに思ってしまいました。

本当に失礼な話ですが正直者の私はあえて言っちゃいます!

しかし本日乗らせて頂いて驚愕しましたね! 

その全域パワフルなエンジンにアドレナリンがビシビシ噴出しましたね! 

あると感じた低速トルクも今はやっぱ無かったんだとハッキリ解りましたし、その上の4000rpmからの加速の鋭い事! 

ハッキリ言いまして負けました。

私のより全然良い!まさに3200cc 300馬力カーになりました。

やっぱ圧縮の復活はすごいですね~

とても10万キロを越えた車のパワー感じゃありませんし、その距離が信じられません。

大袈裟に聞こえるでしょうが嘘じゃありません。

どうしても信じられない方は自分の車でやってみて下さい。

嘘じゃ無い事を証明しますから。

あ!そうそうオーナー様にご提案があります。

ハブベアリング、タイロッドエンド、LSDこの3点をやってみて下さい。

そうしましたら間違いなく私の車を超えます。

それまではまだ私の勝ちだな!

0 いいね!

この記事が気に入ったら「いいね!」を押してね

Posted at 2008/02/15 17:16:48コメント(0)

ハブベアリング交換でここまで変わる?

 

皆様よくご存知のフロントハブベアリングのお話でございます。

BMW車は後輪駆動です。

今回交換しましたのはフロントハブベアリングでしてが、殆どのFR車のフロント(転がるだけの軸)にはこの様なベアリングは使われていません。

では何を使ってるかと言いますとテーパーローラーベアリングを使っている車が殆どです。

皆様にお見せしているハブベアリングは駆動する軸を支えるボールベアリングと呼ばれる物でして本来転がるだけの軸受けには使われていません。

しかしBMW車のフロントの軸には、このボールベアリングによって支えられています。

と言う事はいかにBMW社が前輪の軸受けにも強度を持たせているかと言う事になります。

これはあくまでも自分の憶測でして製造者の方にお聞きした事も無い私独自の考えなんですが、いかに後輪駆動の車の前輪を安定させるかとの思惑でこの様な仕様にしているんじゃないかと思うんですが違っていましたらすいません。

ただコスト的にもローラーベアリングの方が絶対に安く出来る訳ですから、その面を考えましてもオーバークオリティにしてでもそのステアリングの重厚感を出したい故じゃないかと考えるんですがいかがでしょうか?。

話は長くなりましたが本題です。

VW車の前輪(駆動輪)にはこれと全く同じボールベアリングが入ってまして、以前所有してましたVW GOLFが10万キロを越えた時に色々な症状が出まして交換した経験が有ります。

当り前ですが非常にシッカリとした足に戻り満足した記憶が有ります。

しかし感動は有りませんでした。

どちらかと言いますと元通りで終わってました。(駆動してますので解りにくいんです)

BMW車でも沢山のお客様のハブベアリング交換をやらせて頂いておりますが完成後そんなに長い試運転をするわけもいかず異音や振動の確認だけの経験しかありませんでした。

以前乗ってたBMW 318isでは10万キロも乗らずハブの交換など必要も有りませんでした。

いや~自分の車でやらなきゃいけない!昨日は反省しきりでした。

まさに感動が生まれます。

後輪駆動の前輪がここまで安定するか!とビックリしました。

まるで岩の様なドッシリ感で雨にも関わらずそのステアリングのブレの無い事!

やっぱり短時間の試運転では解りません。

自分の車でやらなきゃ駄目ですね!(駆動していない前輪だからこそ解るんですね!それも驚きでしたが)

ちなみに今回は何の自覚症状も無く自分の車のハブベアリングの交換をしました。

決して悪い状態では無かったんです。

只単に走行距離も増して来ましたので軽い気持ちでやってみただけだったんです。

しかし結果は想像を超えてました。

コントロールアーム、タイロッドエンドの交換でBMWらしさを取り戻しプラスアルファの気持ちでやっただけでしたが、これ皆様に本当にお勧めできます。

是非頭の片隅に置いておいて下さいね!

残念な事にE46&Z4のお客様のお車では早くもこのパーツの交換の必要性が出て来ています。

やはりコストの問題でしょうか?ステアリングを一杯に切った時に音や振動が有る、タイヤノイズが妙に大きい、走行中床に振動がくる、こんな症状はハブベアリングの可能性が高いです。

BMWらしさを取り戻し尚且つ感動出来るハブベアリングの交換は重要です。

 

追伸

ちなみにポルシェ 930のフロントはローラーベアリングでした。

これも交換してますが感動は有りませんでした!

やっぱボールベアリングの方が良いんでしょうか?

11 いいね!

この記事が気に入ったら「いいね!」を押してね

Posted at 2008/02/10 15:13:15コメント(0)

本年第2弾のヘッドオーバーホールやらせていただいてます。

本年第2弾は、BMW E36 M3C のお客様です。愛知県から、わざわざ来て下さいました。

ワンオーナーカーの非常に大切にされているお車です。

走行距離10万キロを越えまして、ここで一度リフレッシュを試みたいとの御用望でしてたので「是非やらせて下さい」と元気良くお答え致しました。

まずヘッドを降ろす前に試運転させて頂きましたが、低中速域は元気有るなと感じましたが4000rpm以上の吹き上がり感は若干落ちてるかなと感じました。

きっと今回のオーバーホールでその辺がグット良くなるかと思いますので、是非ともお楽しみにして下さい。

又今回の作業に伴って、その他の部分の発見が出来ました。

まずはウォーターポンプの軸のブレが出てまして、そこから冷却水が漏れてました。

次にVベルトテンショナーも手で触っただけで音が出ている状態ですので、これも交換すれば、走りはきっと変わります。

又当たり前ですが、この年式になればVANOS裏やヘッド分割位置よりのオイル漏れが見られ確実にどの部分からのオイル漏れか判断出来ません。

実は私の車も全く同じ様にオイルでまみれ分別が不可能な為、ヘッドを降ろしたんですが、ただオイル漏れを直すだけでは勿体無いのでオーバーホールへと踏み切りました。

結果として非常に調子の良いエンジンに生まれ変わりましたので大正解だったわけです。

きっとこちらのオーナー様も喜んで下さると思います。納車の日のお客様の笑顔を思い浮かべながら頑張ってやってます!

0 いいね!

この記事が気に入ったら「いいね!」を押してね

Posted at 2008/02/03 15:25:58コメント(0)

心に残る

2008年02月01日

カテゴリー

何故か分りませんが、ふっと思い出しました。笑い話なんですが、自分にとってはすごく胸がキュン(柄じゃないですが))とする思い出なんです。
私達の頃は、夏休みは一日も休む事無く ラジオ体操 が有りました。当時は子供の数が非常に多く、一箇所でやるのでは無く、町内ごとに別れてやってました。
私の家は、栄町1丁目でした。ですので イケキ ストアー の駐車場がその場所になります。しかし私の家の前の道路(わずか2m程度の道)をへだてて向かい側は、栄町2丁目なんです。私の幼馴染のヒロちゃんは向かい側の2丁目に家があり、2つ年上でした。その当時は、ヒロちゃんの後ろを追い掛ける事が最大の楽しみでして、ヒロちゃんが色々な遊びを教えてくれたんです。ですから当たり前の様に、ラジオ体操も2丁目の場所に一緒に行ったんです。長~い 夏休みも終わりに近ずき、一日も休まなかった子には、おじさん がアイスをくれるんです。大勢の子が休む事無く、体操に来ましたので、アイスを貰う子供の数は莫大で、長~い列が出来ます。私はヒロちゃんの後ろで、今か今かと待ちつずけます。 その待ち時間の長い事! ヒロちゃんと二人で、早く くれないかなー とブチブチ言ってました。そして ヒロちゃんの番が来ました。次はやっと俺だ!
とニコニコしてますと、おじさんが私に言います。「あんた1丁目の子ダラ!」
それが何? と私はキョトンとしています。「1丁目の子は1丁目で貰って!」
と言うんです。ヒロちゃんが、すかさず言ってくれました。「いいじゃん おじさん 休まず来たんだから!」 しかしおじさんは無情に言います。「ダメダメ 決まりだから」 そのおじさんは 小柳 といいまして、同級生の父親です。
その時子供心にこの人(クソジジイ)は鬼だ!と思いましたね! みんな嬉しそうにアイスを食べてる場所に、いてもたってもいられなくなり、何も見ず(下向いて走ってたと思います)に家に全速で走り帰りました。当然目には涙が一杯です。母親が 「どうしただん?」 と心配そうに聞きます。「アイス 貰えんかった!」 「どうして?」 「一丁目で貰えって言われた!」 まさに ギャー でした。母親は 「私がアイス買ってやるから!」 となだめますが、そんな物はいらないんです。あそこのアイスが欲しいんです。みんなと一緒に貰いたかったんです。買って貰う アイス じゃダメなんです。母親に貰える様に言ってくれ~ と頼みますが首を縦に振りません。ギャー 涙が止まりません。 最後のオチは、親父にぶん殴られて終わりです。

しかし今考えても腹が立ちますし、何であんなに頑なに子供心を傷つける様な事をしたんだろう?あの おじさんは! と思えます。たかだかアイス一つくれてやれば、子供なんて嬉しくてたまらないのにです。
大人になって同級生の小柳君と、バッタリ会った時、急に思い出して 言っちゃいました! 「おまえの親父は、ろくなもんじゃない!」 彼言いました 「俺に今頃言うなよな!」

2 いいね!

この記事が気に入ったら「いいね!」を押してね

Posted at 2008/02/01 16:37:51コメント(0)

アクセス記事ランキング