ガルフストリーム BMWブログ

カテゴリーカテゴリー

月別記事一覧月別記事一覧

2018年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

2018年06月の記事一覧

BMW E85.86 Z4&E46の泣き所

先日神奈川県よりお越し頂きましたBMW E86 Z4のお客様ですが、前回はATF全量交換に来て下さいました。

その際お車をリフトアップする時に、とてもステアリングに違和感が有りました。

ホイールハブベアリング点検をさせて頂いたところ、ホイールを触った手にガタガタとハッキリとしたガタが出てましたのでお知らせしました。

ただハブベアリングの在庫までは流石に持っていませんし、遠方のお客様ですのでまた次回に来て頂けますようお願いしました。

そして本日お約束通りまたまた来て頂けました。

無事ハブベアリング交換は済んだのですが、まだ触るとガタがあります。

今度は違うところが振れています。

それはフロントコントロールアームのボールベアリング部分でした。

やはりここはZ4の泣き所ですね!

こちらは常に在庫してますマイレ強化コントロールアームにて同時交換させて頂きました。

そして最後は肝心のアライメント調整です。

調整機能の無いフロントキャンバーとキャスター以外はバッチリと合わせ込みましたので、これで相当にお車が安定しますね!

今回も誠にありがとうございました!

0 いいね!

この記事が気に入ったら「いいね!」を押してね

Posted at 2018/06/23 15:13:39コメント(0)

BMW F25 X3 オイルスラッジクリーン&ディーゼル専用オイル

昨年末にATF交換させて頂いた BMW F25 X3のお客様が、今回はオレンジウルフ ディーゼル専用エンジンオイルへと換装される為、またまた来て下さいました。

ATF交換の真価を認めて頂いてのエンジンオイル交換ですから、とっても光栄です。

そしていつもの通り、初めて当社オイルを入れて頂く際にはお勧めしてますオイルスラッジクリーン施工からスタートさせて頂いております。

ではなぜこの施工が必要かと申しますと、元々入っているオイルを100%引き抜きたいからでして、普通のオイル交換では全量抜けない為、まずは機械で内部洗浄し最後はバキュームで引き抜くのです。

古いオイルが残ってますと、まさにフラッシング状態となり折角の良いオイルを汚してしまうからなんです。

当社ディーゼル専用オイルは使って頂ければ頂くほどエンジン音が静かになってきますのでどうぞお楽しみにしてくださいね!

0 いいね!

この記事が気に入ったら「いいね!」を押してね

Posted at 2018/06/19 17:47:10コメント(0)

ORANGE WOLF ステンレスメッシュブレーキホース BMW F80M3 F82M4 F87M2用

オレンジウルフ ステンレスメッシュ ブレーキホースですが新たにBMW F80 M3、F82 M4、F87 M2用が加わりました。

オレンジウルフ ECDキットをご注文頂きましたお二人のお客様( M3 M2 )の方よりサスペンションキット装着時と同時に純正パッドに不満があるんでオレンジウルフ ブレーキパッド 850にして下さいね!!

のご要望も頂戴しましたうえ、何と何とお二人ともブレーキホースも交換したいんです!

と言って下さいましたのでラインナップさせて頂きました。

純正パッドより汚れず絶大な効きを併せ持つブレーキパッド850は、超お薦めです!

またパッド本来の初期タッチも絶妙なんですが、それを更にダイレクトに気持ち良くしてくれるステンレスメッシュホースが加わればまさにベストマッチングなんですよね~!

0 いいね!

この記事が気に入ったら「いいね!」を押してね

Posted at 2018/06/08 14:55:50コメント(0)

木下みつひろプロの カーボンLSD 解説

LSDについて 木下みつひろです。

一般の方から、僕によく聞かれるのは、車が曲がらない!?止まらない!?です。

そこで対策としてオレンジウルフ.カーボンLSDは、通常では考えられない イニシャルトルク15㌔で設定しました。

しかも、2ウェイ。通常では逆に曲がり難いと言われる設定なんですが、その点をここにご説明致します。

(曲がらない 止まらない要因)

1、サスペンション(ダンパーセッティング)が曲がらないセッティングなので曲がらないのです。

2、LSDの性能差

性能差とは? LSDは通常フルロックでは走れません!タイヤの摩耗も早く、曲がりません。

つまり、LSD効果が生まれるコーナーリング時で、効きが良いと通常言われるメタル製では、過渡特性がある為に曲がらないLSDになります。

ところが、カーボンLSDは、ATS製の特殊なカーボン素材であり、LSD専用で開発したモノなので、LSDが作動する時には、この過渡特性が無いので曲がる事に全く邪魔しないのです!

しかも2ウェイでブレーキング時でも左右のタイヤの回転差が少ない為、左右のタイヤを有効にブレーキング出来るので止まるクルマになるのです。

通常では、曲がらないので1、5ウェイにすると確かにコーナーの進入で曲がる様になりますが、ブレーキングで、リアのイン側がロックしやすくなる事や、ABSの作動が早くなり止まらないクルマになります。 両方共に良くならないとLSDを装着する意味が無くなりますね。

ですからここで重要なのは、性能を取るか、はたまた味付け(変わった!)という感覚だけで選ぶかなんですよね!^

1 いいね!

この記事が気に入ったら「いいね!」を押してね

Posted at 2018/06/01 16:18:31コメント(0)

アクセス記事ランキング