現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

営業カレンダー

2018年12月の定休日
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2019年1月の定休日
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

※赤字は休業日です

お客様からのオレンジウルフ カーボンLSDのレビューをご紹介!!






さて、カーボンLSDのインプレですが、なーんでしょこの自由自在感は。
慣らしそこそこで山行って踏んでもいいですよと言われたので、そのとおりにしてみたのですが、食わせても流しても後輪に根が生えたように安定してて、ステアの舵角が少なくなりました。
「常に路面をつかんでる感」が右足とおしりに伝わってきます。
砂利を踏もうが落ち葉踏もうがおかまいなしに曲がりたいように曲がってくれます。
つたない自分の腕が上がったかと錯覚してしまいます。
幸運にも?オイル交換にディーラーに行く際、土砂降りの高速に乗りましたが、ここでもリアは終始安定しており、ドライと何ら変わらず踏んでいけました。
わたしのM3にもいろんなパーツがついておりますが、何をおいても真っ先にこのデフを組むべきでした。
今までこれなしで走ってきた数万kmが非常に勿体なく感じました。
「値ほどのモノ」という言葉がありますが、まさにこのデフにぴったりの言葉だと思います。
同じ金払うなら高価な車高調買うよりこれ組んだ方がよっぽど速く楽しく走れます。
「本当に良い物」を有難うございました。

何の脚色もなくこんな感じです。
それでは、また明日お会いできることを楽しみに走ります。





先日はお忙しい中、LSD装着ありがとうございました!

LSD装着後、当方の都合でアライメントを取らないまま(許容範囲内の誤差のまま)
浜松⇔東京を往復(600km)しましたが常に後ろ2輪から押される感覚で減衰の強弱に関係なく安定して突き進む感覚にはびっくりしました。
特にトンネルを出た後の横風やトラックの横を抜けていくときのふらつきが無くなりハンドルに手を添えているだけでまっすぐ何事もなかったように駆け抜けていくのにもびっくりしました。

装着後600キロ走行後にデフオイルの交換と共にミリ単位の調整で誤差「0」のアライメント調整を行っていただきましたがこれがまた、すごい!
さらに安定度が増し、道がまっすぐならうねりや段差にも何事もなく走り抜けていきます。

スポーツ走行を目的に装着をお願いしましたが高速道で長距離移動される方にはこのLSDの安定感は疲労軽減に大きく寄与するかと思います。
(1日で東京から神戸までの約700kmも、とても楽に走ることもできました!)
これで東京⇔神戸の往復も、より一層楽に走れるようになりました!
ありがとうございました!





カーボンLSDをつけてもらってから5日ほど乗った感想をメール致します。

一言で言うと、「最高!」です。

直線では、常にお尻の安定感が感じられ、パワステオイル交換の効果と相まって、R1の荒れた路面でも両手を離せるほどです。

他方、コーナー進入では、素直な動きはそのままに安定感が抜群に向上しているので安心してステアリングを切って行けて、立ち上がりでは、アクセルを開けて行くとリアがくるっと気持ち良く回り込みながら車が前に出て行くので、ちょっとした右左折すら、とても楽しいです。

また、これらの挙動がとても自然で不快な音も出ないため、LSDを組んでいることを忘れそうになります。

あと、EGマウントを交換して頂いて、加減速時のフロント周りの嫌な動きが収まって以降、今度はリア周りに、チェーンが伸びたバイクの様な不快感を感じていたのですが(実は、今回のLSD組み込みも社長にこの事を相談差し上げたのがきっかけでした)、これが見事に収まりました!

EG不調でお世話になってから、パフォーマンス・プラス&マイレHDコントロールアーム取り付けや、オレンジウルフブレーキパッド&メッシュホース、Gg調律など、ガルフさんで手を掛けてもらう度に、御説明頂くのと寸分たがわぬ効果を体感出来るので、感動してばかりです。

今後とも宜しくお願いします。





北海道の冬道対策として浜松のガルフストリームさんでオレンジWOLFカーボンLSDを装着していただきました。
札幌で1ヶ月程度乗り回しましたが、非常に良いです^^
滑る路面でも直進安定性バツグン!

むしろ曲がらない心配をしていましたがそんなこともありませんでした。

値段は張りますがオススメ♪





先日はありがとうございました。
LSDを入れ、ATFを交換したことにより、帰りの東名の大井松田付近の下りのコーナーは、今まで以上に操る楽しさを感じました。

LSDの印象ですが、直進での安定感が格段にアップしました。
今までも悪くはなかったのですが、センターのドッシリ感が増しました。

トラックの走行の多い箇所での轍に関しても、ハンドルがとられることはなくなりました。

コーナーでのトラクションの掛かりは、唐突な感じがなくスムーズであるものの、確実に進むべき方向にもっていける印象です。

今週末に1回目のオイル交換をするため、まだまだ走れていないのですが、街乗りでのLSDの安全という意味での有効性というのは、間違いなく感じました。

今後も走りこんで楽しみたいと思います。





カーボンLSD、ならしを終えオイルも変えました。ほとんど無音です。正直、驚いています。
走りに関しては、文句なし!アクセルに対してリニアに反応して、走りがさらに楽しくなり、ゆとりが増えました。
おまけに、低回転域のトルクが太くなって、街乗りも楽になりました。ECOにも貢献で来そうです。」









僕は当初からBMWの性能は、こんなものでは無いと感じていました。
そんな中手始めに曲がるサスセッティングをORANGE WOLF サスキットによって完成しました。
そして次はいよいよエンジンパワー&タイヤのグリップをフルに引き出せる新たなLSDができないか? と考えていました。
簡単に言ってしまえばLSDのイニシャルトルクを上げていけば、自ずとトラクション性能は向上します。
ところが、ストリートでは『バキバキ』で快適性は損なわれてしまいます。しかも僕が求める物は、イニシャルトルクが10キロ以上で2ウェイであって欲しいのです。
ただ極端にLSDを効かせてしまうとリアは常にロック状態に近くなり、クルマは曲がりにくくなってしまいます。
ところが逆に弱めすぎてしまうとブレーキングでリアの安定感がなくなり本来のLSDの必然性がなくなってしまいます。

数々のテストを行い僕が求める全てを実現できたのが「オレンジウルフカーボンLSD」です。そのイニシャルトルクは、なんと15キロ。しかも2ウェイなのです。
リニアに効いてくれるカーボン素材(メタルデフはロックがオンオフしかないのですがカーボンの場合には滑りながらロックしていくリニアな特性を持っています)なので、トルクを上げたメタルデフのようなコーナー進入でのアンダーも全く出ずブレーキングでのリアは、まるでミッドシップカーのように安定します。
トラクションも同様で今までパワースライドしていたのが、グイグイ前に進みコーナー脱出時の速度も飛躍的に向上します。
さらにイニシャルトルク15キロの恩恵で、コーナリングのみならず直線状態でも効いていますから、ただでさえ直進安定性に優れたBMWの安定度がさらに増大します。
特筆すべきは、カーボンの特性ゆえ、ここまでイニシャルトルクを上げたにも関わらずストリートではタイヤを引きずることやLSDの『バキバキ』音も発生しません。
結論としてBMWの持つポテンシャルを唯一スポイルしていたのはLSDが入っていないこと、純正LSDの効きが弱いことであり、今回の完成品を装着することによりさらに速く楽しく走れて安定して曲がれる究極のBMW像が浮き彫りになりました。

<<開発ドライバー 木下みつひろ>>





木下みつひろプロの LSD 解説



LSDについて 木下みつひろです。

一般の方から、僕によく聞かれるのは、車が曲がらない!?止まらない!?です。
そこで対策としてガルフスペシャル.カーボンLSDは、通常では考えられない イニシャルトルク15㌔で設定しました。
しかも、2ウェイ。
通常では逆に曲がり難いと言われる設定なんですが、その点をここにご説明致します。

(曲がらない 止まらない要因)

1、サスペンション(ダンパーセッティング)が曲がらないセッティングなので曲がらないのです。

2、LSDの性能差

性能差とは?
LSDは通常フルロックでは走れません!タイヤの摩耗も早く、曲がりません。
つまり、LSD効果が生まれるコーナーリング時で、効きが良いと通常言われるメタル製では、過渡特性がある為に曲がらないLSDになります。

ところが、カーボンLSDは、ATS製の特殊なカーボン素材であり、LSD専用で開発したモノなので、LSDが作動する時には、この過渡特性が無いので曲がる事に全く邪魔しないのです!
しかも2ウェイでブレーキング時でも左右のタイヤの回転差が少ない為、左右のタイヤを有効にブレーキング出来るので止まるクルマになるのです。

通常では、曲がらないので1、5ウェイにすると確かにコーナーの進入で曲がる様になりますが、ブレーキングで、リアのイン側がロックしやすくなる事や、ABSの作動が早くなり止まらないクルマになります。

両方共に良くならないとLSDを装着する意味が無くなりますね。
ですからここで
重要なのは、性能を取るか、味付け(変わった!)という感覚だけを選ぶかなんですよね!^^









ノーマルデファレンシャルギアの構造について

自動車が発明された当初、4輪走行であるがゆえに生じた「曲がらない」という問題点がありました。
右左折する際には必ず回転の内側と外側で距離差が出ます。
つまり内輪と外輪の回転数差が出る、ということです。
ところが左右の車輪が同時に回転するため、この回転数差の問題を処理できず、「曲がれない」という大きな課題に打ち当たったのです。



そこで開発されたのが「デファレンシャルギア」です。
写真のデファレンシャルギアはBMWの純正品ですが、通常走行ではこのギアが進行方向へ回転しています。
そして、左右に回転差が生じた時、中央の縦軸でつながれた小さなギアが回転することで速く回りはじめた側のタイヤ(=右左折時の外輪)とは逆側のタイヤ(=右左折時の内輪)の回転数を抑えます。
こうして回転数差を生み出すことで右左折を可能にしているのです。


カーボンLSD装着が生み出す安心、安定、安全、そして痛快な走り



ノーマルデファレンシャルギアとは違い、左右輪の回転差が生じた時に、内部ギアの左右にあるクラッチプレートが機械的に左右輪をロックし、回転差を無くします。
ここで、「左右輪が同時に駆動することによりクルマが曲がりにくくなってしまうのでは?」といった疑問も発生すると思いますが、誤解していただきたくないのです。
実はその難点を克服するのがカーボン素材であり、最大の特徴でもあるのです。
通常のメタルLSDでは唐突なON/OFF的なロックをしますので、右左折の時にバキバキといった音や振動を伴い曲がりにくくなりますが、カーボンの特性は、滑りながら、と言いますと誤解を招いてしまうかも知れませんが、ジワッとロックしていくリニアな特性により、タイヤを引きずることやバキバキ音も発生せず、まるでノーマルデフのように自在に曲がることが可能となります。
ですので、最大限にイニシャルトルクを強くすることが可能となります。
このイニシャルトルクを強くできることが卓越したコーナリング性能を実現し、さらなる直進走行時の安定性を生み出し、悪路や悪天候・強風時の安心・安全走行に貢献します。

カーボンLSDの装着効果は、どんな場所でも、誰でも、どんな速度域でも、瞬時に体感できる、という顕著さが特徴的です。
一般道の法定速度内走行でも、交差点でも、アスファルトの継ぎ目やマンホールの上、雨の日、強風の日、……。
極日常的な走行ではっきりと体感できる、安心・安全の装置なのです。


ORANGE WOLF カーボンLSDのFAQ







■■■■■■■ LSDについて多く寄せられるご質問 ■■■■■■■


-----オイル交換の頻度は?

最初は300km、2回目は3,000km、3回目以降は5,000~10,000kmごとに行ってください。
最初及び2回目は初期のカーボン皮膜が削れるためオイルが非常に汚れます。
ですので、1回目、2回目は早めの交換がお勧めとなります。
ただし、3回目以降はオイルもほとんど汚れず良い状態が維持できますが、製品の耐久性を考え5,000~10,000km毎の交換を行っていただくことをお勧めしております。


-----オーバーホールの必要性はありますか?

通常のメタルLSDは使い方にもよりますが、2~3年毎のオーバーホールが必要となります。
ところがカーボンディスクはダイヤモンド並みに硬い素材ですので摩耗することがありません。
そのため、オーバーホールの必要性もないのです。


-----耐久性はどのくらいですか?

オイル交換をしっかり行っていただければ半永久的にご使用いただけます。


-----FR車は1.5WAYの方が良いのではないですか?

通常のメタルLSDの2WAYでは、コーナー侵入時のアクセルオフで、唐突なロックが発生しアンダーステアになる傾向があるため1.5WAYを採用しているケースが多いのですが、カーボンLSDはジワッと効くリニアな特性であるためアクセルオフ時にもアンダー傾向になりません。
また、アクセルオフ時にもしっかりとした強い効きを発生しておりますので非常にリアも安定します。
故にネガな部分が無いためカーボンLSDでは全てのモデルにおいて2WAYモデルをお勧めしております。


-----取り付けは日帰りで可能ですか?

車両からデフを降ろし、分解し、新たにカーボンデフを組み込み、車両に取り付けるまでの作業時間は、朝お預かりして夕方には作業が完了いたします。
その時間の中でも一番重要なのはリングギアのボルトが緩まないように強力なネジ緩み防止剤を塗布しておりますが、十分な乾燥時間も考慮しておりますので、安心して日帰りでお帰りいただくことが可能です。






ORANGE WOLF カーボンLSDはお越し頂かなくてもお取り付け可能です!

バナーの通り、浜松までお越し頂かずともオレンジウルフ カーボンLSDの装着は可能です!

(LSD対応車種でしたら全てのBMWに対処出来ます)

今回は 愛媛県のお客様のご要望にて、純正デフアッセンブリーを送って頂く事となりました。

流石に愛媛県では、距離がありますので、地元でデフを降ろして頂きこちらでLSD本体を組ませて頂きます。

お車はBMW E90 M3です。M3は純正でもLSDは入っていますが、いかんせん効きが弱すぎます!

しかし当社LSDを組んで下されば脅威のイニシャルトルク 15kg により、まさに安定の塊となりますので是非ともご期待下さい!

私自身も E36 M3,E46 M3,E92 M3にカーボンLSDを組んで参りましたが、その安定感を知ってしまった以上

LSDの着いていない車に乗るのが辛くなってしまいました。

普段乗りは良いのですが悪路や悪天候の時のLSDの効能は、絶大で悪条件を感じないほどの

安定感、安心感を体全体で感じられますので、 無くてはならない物となってしまいました。

ですので 現在のデモカー320dにも着けるべく多くの投資をしまして何とLSDだけでは無く ギアまで作ってしまった次第です。

この凄さを一人でも多くの方に知って頂きたいと今更ながら声を大にしてお伝えしたいですね~!

お越し頂かなくてもお取り付けが可能な理由とは





ショップ様やディーラー様にてデフを降ろして頂き、当社にデフアッセンブリーにて、お送り下さい。



当社にてデフを開け、本体を取り外し致します。



デフが空になった状態でファイナルギアに存在するベアリングのプリロードを調整致します。
ノーマルデフ車の場合このプリロードが弱い(クリアランスが大きい)為、ここを詰めませんと
LSD装着後にベアリングの異音が発生する場合がありますので、適正値にプリロードを合わせこみます。



ノーマルデフよりリングギアを取り外します。



取り外した純正リングギアをカーボンLSD本体に組み込み適正なトルク管理の元組み込みます



無事に収まったカーボンLSD



最後にバックラッシュを確認し完成です。ここのギア間の噛み合わせも音鳴りや性能に
影響致しますのでとても重要なポイントです!


ここまでの全ての作業を一日で行いますので、デフが届いたその日に完成させ
当日にお返しする事が可能です。またデフオイルは、お手元に届かれてからお入れ下さい。
これで遠方のお客様でも、ご来店頂かずとも、カーボンLSDの装着が可能となりますので
是非ともお近くのショップ様、ディーラー様にお問い合わせ下さいませ。


LSD商品ページへ


販売価格(税抜): 358,000 円
ORANGE WOLF カーボンLSD Fモデル専用

販売価格(税抜): 248,000 円
ORANGE WOLF カーボンLSD



お問い合わせについて

メールでのお問い合わせには、必ず車体番号の明記をお願い致します。