現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

[ review ]

  • [machine menu ]

  • [special maintenance ]

  • [ 車種別 category ]

  • [ category ]

    お客様からのメンテナンスレビューをご紹介!!

    BMW E90 335 福井県のお客様から【2020年10月03日】

    【GGチューニングの葛藤】


    いつでしたかね、ガルフの社長さんからコンピュータチューニングを勧められはしたんですけどね、もともと335iは充分にパワー&トルクがありますから、エンジン的に特に不満はなかったので、「いやー、免許証を大事にしたいので…」とその時はお断りしたんですがね、近頃は、MINIにしても、VWゴルフにしても、直近の135iにしても、4気筒2Lターボ車が軒並みパワー300馬力のトルク40kgが当たり前になってきましたよね。

    気がつけば、E90も10年越え、されど、6気筒3Lターボ車の面目と言いますか、GGチューニングが気になり出してはいたんです。

    まあ、その段階では体裁というかやっかみというか心理的なレベルでしたけどね、ガルフさんでの、ECDキットOHとかサスアーム交換等の適切なメンテのおかげで走り自体に不満はありませんでしたので、二の足を踏んでいた訳です。

    あと、10年越えでさすがに距離も行ってますから(現在15万キロ越え)、相応に減耗しますし、細かいところがちょこちょこ壊れたり、オイル漏れなんかも重なったりで、コンピュータまではなかなか踏み込めずにいたんですよね。



    【335iの思い入れと今回の車検整備】


    平成26年に2008年登録で4万キロ程度のものを購入し、最初にガルフさんを訪問したのは看板メニューのATF交換がきっかけでした。

    当時は、ECDキットやカーボンLSD等をルンルン気分で装着してきましたけどね、前述のとおり、今では年式も距離も相当行きましたから、正直、乗り換えを考えたこともありますけどね、確か昨年夏でしたか、ECDキットOHの際に、姫路ナンバーのお車で、N54ファンのお客さん、同エンジン搭載の珍しいE91 LCI の335i をわざわざ全国から探し求められたという方とガルフでお会いし、ほんの暫くですけどお話したんですね。

    その時にその方から30万キロを目指せと発破をかけられこともありまして、根気強くメンテしながら乗り続けてます。
    そんなこんなで、今年6月には初めてガルフで車検をお願いしました。

    他所で行ったオイル漏れ修理でしたけど、そのオイル漏れ跡の汚れも本当に丁寧に鈴木さんに掃除していただきまして、お陰様で、その後は漏れ無しをしっかりと確認できました。
    また、以前に、デフのOHとともにカーボンLSDのバージョンアップもしていただいたのですが、その後(今思えば自分の走り方ではうまく慣らしができてなかったんですね) 、車庫入れ等の際にLSDがグォーグォー鳴ってたんですね。

    そうしたところ、今回の車検預かりの際に、鈴木さんが夜なべして?

    ガルフの駐車場で延々8の字走行してプレートの当たりを取って下さったそうで、完璧に慣らしは完了で、異音は皆無、全くもって快適な状態です。

    ブレーキも、335iはもともとでかいディスクとキャリパーが付いてますので良く効くんですが、経年劣化で知らない間にブレーキの応答性が悪くなってたんでしょうね、キャリパーOHとステンレスブレーキホースへの交換にて、今では単に効くだけではなく、踏む方もリリースする方もミリ単位でコントローラブルです。



    BMW F10 523d 神奈川県のお客様から【2020年08月26日】

    今年2月にBMW F10・523d のオイル・クーラント漏れ修理、オイル・ATF・クーラント交換、ワンウェイバルブ取り付け、アライメント調整をして頂いた神奈川のooです。

    お世話になります。

    だいぶ経ってしまいましたが、その後6000km程走行しましたので感想をお伝えしたく思います。


    エンジンですが、劇的に静かになりました。

    これ、絶対分かります。

    車外はもちろん、車内でも高周波の音が消え、何となくまろやかな音になり、妻も乗せてすぐ気付き驚いてました。

    今でも変わらず静かです。


    ATはシフトショックが皆無になり、変速速度も早くなった気がします。


    これらの作業+ワンウェイバルブを取り付けた後の走行感は、正に激変です。

    トルク向上+伝達効率の向上で、発進はモタモタせず、加速は明らかに早くなり、追い越しやコーナー立ち上がりのレスポンスはディーゼルとは思えない位俊敏です。

    まとめてやってしまったので、個別の評価は分かりませんが、かったるいと思っていた車が、コンパクトスポーツの様にキヒキビ走ります。

    山道の登りでスポーツにして走ると、快感でしかないです。


    アライメントは正に鬼。

    こんなに真っ直ぐ走る車は今まで乗った事がありませんでした。

    たわみに乗っても何事も無いように走ります。

    何より驚いたのが、乗り心地が劇的に良くなり、正にフラットライドで妻が喜んでました。

    あるべき方向にアームが向いて、設計通りの軌跡で動くからなんでしょうか?


    何より感動したのが、オイル漏れの修理をしてもらった後、エンジンルームをピカピカに掃除して頂いた事です。

    再発が無いか自分でも確認しやすくする為と言ってましたが、そんな心使い初めて受けました。

    そんな面倒な事を丁寧にしていただけるガルフさんは心底安心できますし、尊敬します。

    正直、他の工場に車を触らせたくないとまで思っています。

    交通費はかかりますが、それも整備代と割りきれます。


    最近足周りのブッシュが逝ってしまったのか、やたらステアリングを取られるので、またご相談させて下さい。

    最近浜松も暑いですが、お二人とも身体に気をつけて、たくさんの方に感動を伝えていって下さい!





    誠にありがとうございます。

    ここまで書いて頂けましてまさに感無量です!

    当社も今年10月にて29年目を迎えますが!

    本当にお客様に御体感して頂ける事に心血を注いて参りました。

    それをこの様に評価して頂きまして、最高に嬉しい限りです。

    今後もお役に立てます様に邁進して参りますので

    どうぞ宜しくお願い致します。



    BMW F10 523d 茨城県のお客様から【2020年06月16日】

    ガルフストリーム(有)御中


    ダンパー交換、アライメント、ATF交換、エンジンフラッシングでお世話になりましたOOです。

    先週は大変お世話になりました。

    簡単ですが、その後の経過をレビュー代わりに報告させていただきます。



    ①SACHSダンパー交換

    交換前にとても気になっていた振動の収まらない症状は、

    交換後には、当然ながら一転して一発で振動が収まるようになり期待通りでした。

    新車の感覚が甦ったように思います。

    帰りの高速道路で目地段差を乗り越えた時の振動も、

    交換前は角が立っていたものが、交換後は角が取れて穏やかになりました。

    この1週間、通勤路で様子を見ていると、傷んで細かい荒れが連続的に長くような路面では、

    ダンパーの動きに「張り」のようなものを感じますので、

    もう少し慣らしが必要かな、と思っているところです。今後慣らしが進んでいくことが楽しみです。



    ②アライメント

    ステアリングのセンターが一層はっきりしましたので、帰りの運転は楽でした。

    調整前も、センターは分からなくもなかったのですが、調整後の驚きの感覚を例えるなら

    スタッドレスタイヤからノーマルタイヤに変えた時のようです。

    ステアリングを切り込んでいくと確かな手ごたえとともに曲がり始めていく感覚がとても良いです。


    なお、ブログでご報告されていた、調整前の左後でキャンバーが寝ていた件ですが、

    タイヤが一番最初に劣化して周期ノイズを出し始めるのが、いつも左後でした。

    今回の調整でタイヤを正しく使いきれる状態になったのでは、と考えています。



    ③ATF交換とエンジンフラッシング

    エンジン回転が滑らかになり、低回転でのピックアップが良くなったようです。

    ATF交換で気になっていた変速ショックは大きく改善しました。

    エンジンとATの改善が著しい結果、どうやら車のコンピュータの「学習」から外れたようで

    発進時に不用意にアクセルを踏むと多少1-2速の変速で少しショックが出ていますが

    学習が進めば改善されるのかな?と考えています。

    燃費は、過去数万キロの通勤+遠出で平均値17.3km/lのところ、1週間の通勤で17.4km/lとなり

    エンジンとATの効率改善がありそうです。

    今後またご相談させていただく際には宜しくお願い致します。





    誠にありがとうございます。

    今月6日に1泊2日でお越し頂きまして多くのメンテナンスをさせて頂きましたが!

    どれもこれも良い結果が出ました御様子で本当に安心致しました。

    走行距離も10万キロ超えでしたが、ここまで手を入れてあげれば、もう古さなんて微塵も感じられないと思います。

    その一番の要因はやはりダンパー交換だと思います。

    車が新しく感じるのも古く感じるのも、やはりダンパーの良し悪しですので、ここはやはり外せないメニューですね!

    そして次に重要なのが油脂交換ですね!

    当社オリジナルオイルは、これでもか拘って作り上げたオイルですので、入れた瞬間からもう感動して頂けます。

    それも使えば使うほどその良さが醸し出されますので、今後もご期待下さいね!

    今回は遠路より2日間掛けてお越し下さり誠にありがとうございました。

    今後もまたお役に立てます様に頑張って参りますので是非またお越し下さいね!

    どうぞ宜しくお願い致します。



    BMW F22 M235 愛知県のお客様から【2020年04月18日】

    ガルフ様

    2回目の車検整備、ありがとうございました。

    今回は整備というよりも、8万キロ近くのったので、リフレッシュの意味が大きかったと思います。

    私は単車にも乗りますが、3000kmでタイヤ交換、その半分でオイル交換、グリスアップ。
    半年に一度はキャブのOHを当たり前に自分でこなしています。

    単車って、感覚がダイレクトに伝わるので、悪い部分とかは感じやすいんですよね。。

    車って、自分で出来ないこともあり、ついつい径時劣化に慣れてしまうのですよね。。

    特に6気筒ターボってパワーがあるので余計です。

    ですが、本当の整備とリフレッシュってチューニング以上の効果があることを改めて思い知らされました。

    ・ブレーキOH、ローター交換、パッド交換、ブレーキホース交換。これはすっごいですね。

    Mブレーキ+オレンジウルフは最強タッグです。

    初期の効きから踏み込んだ分だけ効くオレンジウルフの特性と、ブレーキをじわじわと離す時のリリース感覚。これって、もの凄い扱いやすさです。

    ・ECDキットOH、これは2回目ですが、やっぱりいいですね!

    新品開発の時に感じた、路面への追従性、路面情報を細かく伝えてくれる適切なバンプ、リバウンプスピード。特に伸び側減衰が速くなり、車体の姿勢変化がほとんど感じなくなります。

    まだOHされていない方には本当にお勧めのメニューです。

    ・エンジンオイル、オートマオイル交換。これは私が書くまでもなく、皆さまが納得されている一番メニューですね。

    振動0!変速ショックは皆無になります。車が軽くなります!

    ・仕上げは鬼アライメントと各部調教。これは鈴木さんの真骨頂ですね。


    F22って、あるスピード域に限ってですが、アライメントやタイヤのコンディションが少し悪くなっただけでも、特定の周波数に共鳴するようなうねりのような小さな振動がステアリングに伝わるようになります。

    鬼アライメントを行えば、次回のメンテまでは絶対に振動は出なくなります。

    ステアリングセンターがバッチリ決まっている車なんてそうそうないですよね。

    本当に嬉しいメニューです。

    帰りの高速は東名で帰りました。

    いつも言うのですが、新東名の新舗装路面を走っているような感触です。

    途中、峠にも入りましたが、いいですね!ECD開発時の気持ちいい感覚や、ブレーキの扱いやすさ、自分が上手くなったのと勘違いするのは毎回のことです。

    コロナでつらいニュースばかりですが、こんな時だからこそ、車をリフレッシュして、ドライブを楽しむのもいいですね。3密にもならないですし!!



    BMWメンテナンス~【BMWセカンドオピニオン】とは


    中古車で購入したけどコンディションがどうなのか解らない?
    買ってはみたもののトラブルで困っているけど大手には行き難い!
    大手で診て貰っているが改善され無い!地元の車屋では治らない!
    等々お困りでしたら是非セカンドオピニオンとして当社をお試し下さい!

    創業27間一度も結果を出さずにお車をお返しした事はありません。

    何故なら、お客様のお車が治ってもいないのに請求書を渡す車屋を幾度となく知り、そんなカッコの悪い事絶対に出来ない!

    の信念の元やってきました故です。

    当たり前ですが商売を続けていく以上お代を頂かないわけけにはいきませんので、どんなに時間が掛かってもやり切って参りました。
    ですのである程度の引き出しは持っております。
    自分達が出来る事しかやらないのでしたら私達の存在意味はありません。
    どんな難解にもチャレンジして参りますので、どうぞお声をお掛け下さいね!

    ガルフストリーム メンテナンスピットのご紹介


    ガルフストリームでは4台のリフトを完備しています。
    写真右側が門型リフト。センターに有りますのが2柱リフト。左側にアライメントリフト。
    そして写真には写っていませんが一番奥にも2柱リフトが存在します。


    当たり前ですがアライメントを調整する為のリフトです。
    しかしオイル交換や簡単な下周りチェックなどには、こちらのリフトにて迅速にご対応が可能です。
    クイックな整備に対応出来るまさに便利リフトですね!


    アライメントリフトから工場内部を見てみます。
    いかに広いスペースを有効に活用出来ているか、ご理解頂けると思います。!


    こちらのグリーンの床は実は鉄製の定盤となっておりまして、正確な水平が実現出来ています。
    ここにてお客様の正確な車高を測定しまして鬼アライメントへと役立てております。


    ある老練なメカニックの方が言いました。

    整備は腕が良いとか悪いとか言うが腕なんて全く関係無いね!だって人の指じゃ、たった10mmのボルトすら外せない。
    腕なんて何の役にも立ちゃしない。職人に大事なのは工具だよ!その工具をいかに工夫して使いこなせるか?!それが良し悪しを決めるだけなんだよ!

    と教えて貰いました。
    そんな言葉を胸にスナップオン工具を揃え日夜工夫の日々を過ごしております。


    ピットの床見て下さい!
    いつもここまで綺麗にしているメカニック専務の拘りです。
    昔はグリーンに塗ってましたが、オレンジウルフ スタートと同時にオレンジに塗り替えました。
    最近では遠方のお客様の方が多いくらいな中、当然ですがお越しの道中にHPは見てるけど、どんな会社なんだろう?といったご不安なお気持ちでお越し頂いているのではないかと私は想像します。
    しかしこのピットの綺麗さを見て頂ければ、きっと来て良かったとご安心して頂けるのではないのかと考えます。
    これも一重に「おもてなし」の心です。


    ここがオレンジウルフ ダンパーのセッティング場所です。
    正確な車高を実現する為、取り付け前にここでミリ単位の調整をしています。
    またOH時のばらしや組み立てもここで行われます。

    BMW専用テスター完備によるトラブルシューティング



    今の車はテスター無しでは修理不可能です。
    あまりに電子制御が進んでしまい、腕ではもう治せません。
    ですので当然の如くBMW専用テスターを完備しております。ただテスターがあれば完璧かと言いますと実はそうでは有りません。まさにピンポイントに車両診断が出来れば良いのですが、そうで無い場合も多々ありまして、ここはもう試行錯誤と行動しか有りません。
    そうなんです勝負はまさにここからです。でも絶対に諦めませんので。
    またBMW専用テスターならではの、故障診断以外にも、実測値の計測やテスト診断機能も充実してますので、大手さんと同等のテスターとなります。

    更なる難解なトラブルにはボッシュ精密テスターで実測値を計測して挑みます!


    今の電子制御多々なお車で一番重要なのはバッテリー電圧となります。
    どんな場合にてもシッカリとしたバッテリー電圧診断がまずは基本中の基本です。
    昔の車ではエンジン掛かれば良いぐらいの次元でしたが、今の車では電圧降下によりコンピューターが正確な情報収集が出来なくなり、走行にまで支障が表れますので本当に重要なポイントです。
    また単にバッテリーを替えれば良いのではありません。現在のコンピューターでは充電制御もしていますので、交換時には必ずコンピューターリセットが必要となりまして、もちろん当社にて行なえます。
    トラブルシューティングと共にもちろんですが、車検点検時には、ここからスタートさせて頂いています。

    ボッシュ精密テスター


    BMW専用テスターでも測れない実測値をボッシュテスターにより計測します。
    当社の強みはボッシュカーサービスに加盟しているが故、難解な電気トラブルに遭遇した際には心強い味方ボッシュホットラインが有ります。
    ここに相談しますと電気のスペシャリストが一緒に親身になって協力して下さり且つ自動車メーカーマニュアル以上の莫大な資料を提供して下さるのが、実に解決策の近道となっています。

    ボッシュから提供される莫大な資料


    メーカー資料では足りない部分、テスターには記載されていない部分を多くボッシュホットラインにて、リカバリーして頂いています。
    それは莫大な配線図であったり、詳細な説明資料であったりします。
    これこそが当社の救世主で有り宝なんです。
    これを最大限に活用し難題に立ち向かって参ります。

    ボッシュテスター FSA



    ボッシュカーサービスに加盟する為には、結構な額のテスター購入が必要となります。
    その中で一番高額な物が、このFSAです。全国にボッシュカーサービス店は数多く有りますが、この複雑機器FSAを使いこなせる人は多くありません。
    そんな中当社メカニック専務は、このFSAのユニバーサル オシロスコープを巧みに操り、どこに行っても治らなかった電気トラブルを全て解決してきております。メカニカルトラブル 電気トラブルどちらにも誠心誠意取り組んでおりますので、是非皆様のセカンドオピニオンとしてお役に立てればと思います。

    一つ上を行くスペシャルメンテナンス



    見せますガルフの執念


    採算主義で時間や手間がかかるから、と見放された症状でも、
    わからない、直らない、とさじを投げられたケースでも、
    調べ尽くし、手を尽くし、必ず結果を出してみせます。
    どこでもできなかったことですから時間はかかると思いますが、
    それさえご理解していただければ絶対あきらめずにとことん向かい合います。
    それが、ガルフの執念、ガルフの使命と考えます。

     

     

    ガルフの執念メンテナンスのご感想をいただきました / 福岡県 藤井大輔様

    九州からのお客様、藤井大輔様よりメッセージを頂きました。
    藤井様のお車はアイドリング不調とエンジン不調という症状があり、
    どこへ持っていっても直らずお手上げ状態だったときに
    当社のホームページをご覧になりお電話をいただきました。
    お車を船便で送っていただき早速修理に取りかかりましたが、修理が完了したのは半年後でした。
    納車の際、「直接会ってお礼が言いたい」との大変嬉しいお言葉を頂き
    浜松までお越しくださることになりました。


    最後の望みを託してそちらにお預けしたのが6月。
    それからの半年間ありとあらゆる手を尽くしていただき 本当に感謝を通り越しまして頭の下がる思いです。

    私の知らないところで多くの皆様にご協力いただだいたと聞いております。直接お礼を申し上げられないのが残念ですが、
    どうかよろしくお伝えください。

    帰り道のインプレッションですが、もう「感動」なんていう簡単な言葉では形容しきれません。
    アイドル、本当に静かになりました。
    加速、超ウルトラスムーズでした。
    低速、トルクがふた回りくらい分厚くなってます。
    ガルフさんのメンテナンスの底力を五感で感じ取りました。

    そうなんです。今回チューニングではなく本来あるべき姿に戻していただいたわけなんですが、ここまでよみがえるとは!
    遠く静岡までお願いした甲斐がありました。
    そしてお会いしてお礼を伝えることができて本当に良かったです。Mクーペ大事に乗ります。そして次回のメンテナンスも必ず
    ガルフさんにお願いします。

    社長様、店長様ほんとうにほんとうにありがとうございました。

    藤井大輔



    ガルフストリームのモットーは“一車入魂”です

    たとえオイル交換であっても
    せっかくリフトアップしたのなら、お車の下回りも当然チェックさせていただいております。
    「今日はここを診て」というお客様のご心配箇所だけにあらず、
    仕上げの試運転では他にトラブルがないか必ず確認しています。
    ガルフストリームでは、一台一台に全身全霊を込めて
    点検・整備をやらせていただいておりますので
    どんな小さな事でも何なりとご相談ください。

    ガルフストリームは決して予約制のショップではありませんので
    オイル交換や簡単なお車のチェックはいつでも実施させていただきます。どうぞお気軽にお越しください。



    ※ただし、遠方からお越しくださるお客様には大切なお時間が
    無駄にならないよう、あらかじめご予約を承りますので
    お問い合わせください。
    少しでもお待たせすることがないよう心がけいたします。



    お問い合わせ

    完全予約制

    ご予約に関しましては
    ☎053-423-0102 又はお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。