現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
商品コード: ORW-D-BMW-E86-Z4M

オレンジウルフ ECDキット BMW E86 Z4M 専用

オレンジウルフ ECDキット BMW E86 Z4M 専用
販売価格(税込): 450,900
ポイント: 4,175 Pt
製品特徴&仕様

○フロント アイバッハ社製スプリング自由長170mm/スプリングレート8kg
○リア アイバッハ社製ローダウンスプリング Z3用リアのみ使用
○全長調整式
○前後正立式モノチューブダンパー
○電気モーターによる40段減衰調整式
○室内モニターにより瞬時に減衰調整が可能
○調整モニター室内に装備
○フロントアッパーマウント 純正使用
○リアマウント オレンジウルフマウント
○取り付け配線工賃は別途となります
○車検対応
○製品保証一年間

内訳
ダンパー&スプリング 取り着け用備品 370,000円(税別)
電制モーター&コントローラー 47,500円(税別)
販売価格(税込): 450,900
ポイント: 4,175 Pt
  • 数量:

NEW ダンパー BMW E86 Z4M 用 完成致しました!




先日のテストでは終始 木下みつひろプロのドライブで私はずっと助手席で出来栄えを確認させて頂いてましたが、助手席に乗っていても、その素晴らしさが十二分に堪能出来、木下みつひろプロとまたまた凄いのが出来ちゃいましたね~

と二人で大はしゃぎしてしまいました。

実際、乗り心地やその良さは運転席の方が絶対に分かり易く、これだけ助手席でも良いのならと折角ですので私も運転させて頂いたところ、もう驚愕しましたね!

ノーマルを知っている限りもうこれは全くの別の車ですし何かポルシェ ケイマンみたいでした!

正直BMW Z4Mはスポーツカーでありながら良くも悪くも実用性を重要視しトランクルームがデカすぎるんですね!
その為リアのダンパーストロークが稼げずに変にリアがピョコピョコし、そうかと言ってフロントの大きな上下動もありますのでまるで船に乗ってるかの様な錯覚に陥ります。

ところがところが、散々苦労したリアのストローク確保対策が既に出来上がっておりましたので、今までのZモデル開発の苦労など今回は微塵も無く終始ダンパーの減衰圧に集中出来ましたので、それはもう短期間で素晴らしい物となりました。

どこでもどんな道でも姿勢がフラットで剛性の高い硬いミシュランタイヤの当たりがとても優しく上品で本当に良いタイヤである事が実感出来ます。

街中では減衰を柔らかくしマッタリと快適に且つドッシリとした重厚感を満喫出来ますし、そこはもうショートホイールベース車の乗り味では全く無くなりましたのも特筆ですが、いざ悪路の堤防を走る際には減衰を固くすれば まさにMそのもので、甲高い直6Mエンジンの雄叫びを撒き散らしながらバンピーな道でありながらも安心してストレート&コーナーを楽しめます。

いつもの毎回の事ですがどんな場面に置いても4つのタイヤが路面をしっかりと離さず掴み、強く正確にタイヤが路面に貼り付けられているような安定感に痺れずにはいられません!

先程ポルシェ ケイマンみたいと書きましたのは?
圧倒されるボディの塊感とまるでミッドシップの様な回答性能が実現出来たという事でして皆さん絶対に信じて貰えないとは思いますが、脚が素晴らしく完成しますと嘘の様にボディ剛性が高まった事を感じます。

これは逆に言いますと脚で本来の剛性感が失われていたという事となり、剛性が上がったと言うより本来の姿に戻ったと表現するのが正解かもですね?

木下みつひろプロのセッティングの妙味で 前後のダンパー特性のバランスが取れたゆえ車が思う様に曲がっていきます!
ステアリングを切った瞬間に頭がスパッと入りリアの安定感もハッキリと体に伝わってきますので、愉快痛快そのものとなりました。

そこでオーナーさんも前からお求めであった オレンジウルフ カーボンLSDにてリアのトラクション性能をもぅともっと際立たせる様、只今お取付着けに掛かっております。

ただでさえカッコイイ BMW E86 Z4Mがスタイリッシュな走りと高級感を手にしたのです!

これはもう車好きにとっては堪りませんね!

ほんとこんな事出来るの木下みつひろプロしかいないと思いますよ!
私も創業以来25年間色々な社外サスペンションキットを扱って参りましたが、快適性とスポーツ性能を合わせ持つ物なんてまさに皆無でしたから自信を持ってお話し出来るんですね!







電動減衰調整式 フロントダンパー





フロントダンパーの特徴は、正立モノチューブとし車高が落ちる事を想定し、スタビライザーの位置を調整できる様にしてあります。
また電制とする為に上部にモーターが取り着けられる様に製作しました。減衰調整幅は40段階あります。当社セッティングでは車高を30mm下げる様にしましたが、全長式故 スプリングにプリロードを掛ける事無く、ケース長を短くする事でローダウンを可能としましたので、タップリとしたストローク感をお楽しみ体感して頂けます。

フロントダンパーの電気モーター取付け


フロントダンパー上部にモーターを取り着ける際 懸念されたのがスペースの問題でした。モーターの大きさも結構あり、ボンネットへの干渉が心配されましたが、やはり大きく当たってしまう事が判明しましたので、急遽ダンパーを下に下げるスペーサーの製作に掛かりました!
そして25mmのスペーサーを作り、そのスペース確保に到達致しました。またモーター上部にも純正のカバーが、スッポリ被さる様にし、水の侵入を防ぐ事にも対応出来ました。

リアダンパーの特徴



リアダンパーは、BMW初のタイヤハウスからの脱着が可能なダンパーとなっていました。
従来はトランクルームの室内カバーを外し、上部ナットを外しての交換でしたから、作業的には画期的な物となっていましたが、今回困った事に、ダンパー上部にスペースが無い為、モーターを収納するケース作りも必要となりました。

下の画像のオレンジの部分が作成したケース部分となります。



電制コントロールモニター


全てのダンパーに取り着けられた4個のモーターからの配線を室内に引き込みますが、この作業は非常に時間と労力を必要とします。
しかしながら輸入車でこの様なシステムを持つキットは存在しませんので、その労力は惜しみません!
室内に配線が引き込まれましたら、お客様のご要望に合わせ、どんな所にも設置が可能となりますので、お申し付け下さい。

販売価格(税込): 450,900
ポイント: 4,175 Pt
  • 数量:

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。