BMWメンテナンス~DCTF オイル交換

「オレンジウルフDCTフルード」 

Dual Clutch Transmission Fluidに求められる主な要素は、多板クラッチのスリップコントロール、油圧制御適合性、ギヤ系の耐摩耗性となっています。 もちろん、ミッション本体が様々なパーツで構成されているため適合性を確認しながらベースオイルの選択と添加剤でバランスさせています。 デモカーM3にて、ストリート走行からサーキットの全開走行まで耐えうる最適粘度を見つけ出し、クラッチの摩擦最適化、安定した油圧特性、ギヤ保護を重点に置き開発しました。

木下みつひろプロのコメント

《DCTオイルテスト》
今回、DCTオイルの開発はシフト時での衝撃を少なくし、更にクルマの加速感をダイレクトにするべく2種類の粘度のものを用意してスタートしました! 富士SWにて走行テストを繰り返し、まずはオイル粘度低下が双方とも無い事を確認出来ました。これは大切なミッションを守るために絶対条件!となります。

低粘度のものは、シフトフィーリングが凄くスムーズでガツンとくる純正と似た性質を持ちましたが、高粘度の物はシフトUP時、サウンドは確認出来ますがとても体感衝撃が少ない。 つまり加速ロスが飛躍的に少なくなっている証拠となります。さらにシフトタイミングをハードに設定するとダイレクト感も当然出てきます。ところが純正に近い低粘度のものでは通常ハードにすると扱いにくさがあり、ミッションに負担が掛かっている程に衝撃がありましたが、今回の高粘度オイルはダイレクト感がありつつ衝撃が少ないのです! 

つまり、路面状況に応じて、シフトタイミングをマイルドにしたり、ハードにしたり出来るのですが、仮に路面状況が悪くてもハード方向に設定出来るので、シフトUP、ダウンのスタビリティーがとても向上しています。まさに狙った通りの究極のDCTオイルがここに完成しました!

DCTF(オイル)の交換方法
E9XM3、F10M5、E82/135i、E9X335i、E89Z4などのDCTミッション車の、フルード交換が、やっと実現出来ました!
交換の際には温度管理が重要です。
適正なオイル量を充填するには、ミッションの温度が重要となります。当社ではBMW専用テスターを用い、徹底した温度管理の元 施工させて頂いております。
オートマチック車の様なオイルパンが存在します。
DCTオイルは、ATFととても似通った粘度の物となりまして、交換方法も、ほぼ同じとなります。ですので同じ様なオイルパンがミッション下部に存在します。
オイルパンを外しますとフィルターが存在します。
ここもATFと全く同じ様にフィルターが内蔵されています。オイルと同時にフィルターも、やはり交換したいです。(走行距離によりますが)
走行距離 5万キロでは相当の汚れと鉄粉が!
当社デモカー BMW E92 M3は走行5万キロ走った車でしたが、オイルも相当に汚れていましたし、付属する磁石には、かなりの量の鉄粉が付着していました。ここもATFと全く同じ症状が発見出来ます。
新品のフィルターに交換します!
メーカーより交換パーツの供給がありますので、交換致します。
フィルターを外した内部の写真
新品フィルター装着
オイル充填
こちらも、ほぼATF交換と同じ様に圧送します。ただ純正とは、違うオイルを使います。それは上記に載せました、拘りに拘った オレンジWOLF DCTFとなります。どなたにもその違いは間違い無く体感して頂けますので、どうぞご期待下さい!