現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

[ review ]

  • [ 車種別 category ]

  • [ category ]

    現在のカゴの中

    合計数量:0

    商品金額:0円

    カゴの中を見る
    商品コード: ORW-D-BMW-F26 X4

    オレンジウルフ ECDキット BMW F26 X4 6気筒専用

    オレンジウルフ ECDキット BMW F26 X4 6気筒専用
    販売価格(税込): 445,500
    関連カテゴリ: ORANGE WOLF ECDキット  
    製品特徴&仕様

    ○フロント アイバッハ社製スプリング自由長200mm/スプリングレート7kg
    ○リア アイバッハ社製スプリング自由長250mm/スプリングレート7kg
    ○全長調整式
    ○前後正立式モノチューブダンパー
    ○電気モーターによる40段減衰調整式
    ○室内モニターにより瞬時に減衰調整が可能
    ○調整モニター室内に装備
    ○フロントアッパーマウント 純正使用
    ○取り付け配線工賃は別途となります
    ○車検対応
    ○製品保証一年間

    内訳
    ダンパー&スプリング 取り着け用備品 365000円(税別)
    電制モーター&コントローラー 47500円(税別)
    販売価格(税込): 445,500
    • 数量:

    今回の開発ストーリー 私のブログから




    BMW F25 X3 20d 4気筒用をベースに、BMW F26 X4 35i 6気筒用を作製させて頂きました。

    元々のベースの出来が良いため 私的には一発合格もあり得るのかと思っていましたが

    先月のテストに置いて、凄く良いんだけどやはり4気筒用で完成したものですから

    6気筒に対してダンパーの減衰力が足りませんね!の木下プロ指摘の元ダンパーのみの仕様変更と

    なりました。故にスプリングレートは4気筒のままです。

    木下プロ曰く SACHSの時は色々な制限が有りましたので、スプリングを強めにし

    ダンパーを弱くしてましたが、今のやり方は、スプリングを優しく ダンパーの減衰を

    しっかりと強く立ち上げていくって方が、より一台一台に合わせ込めていけるんです!の

    今現在のスタイルの通り減衰ボリュームをUPさせました。

    仕様変更後 お客様にも乗って頂きましたが、前回の時は使える減衰ボリューム位置が限られて

    いましたが仕様変更後はどの領域でも良さを感じるので、その変化に驚きましたと

    褒めて頂いてました。さてそして本日のテストでは?

    木下プロより 乗ってすぐに良いですね~ 丸で変わりましたね~

    凄く高級感も出ましたし減衰UPの恩恵で車の安定度が段違いですね!

    減衰を強めていっても嫌な突き上げも無く まさに強めていけるし強くした方が良い!

    まさに理想の脚にて完成しましたね!のコメントを頂けました。

    お客様も大喜びでお帰り頂けました。お客様から今まで色々な車でサスペンションキット

    組んで来ましたが、まさにこんなのは一台もありませんでしたと言って下さいました。

    またまた凄いのが出来ちゃいました事 ここにご報告致します。


    電動減衰調整式 フロントダンパー








    フロントダンパーの特徴は、正立モノチューブとし車高が落ちる事を想定し、スタビライザーの位置を調整できる様にしてあります。
    また電制とする為に上部にモーターが取り着けられる様に製作しました。減衰調整幅は40段階あります。当社セッティングでは車高を30mm下げる様にしましたが、全長式故 スプリングにプリロードを掛ける事無く、ケース長を短くする事でローダウンを可能としましたので、タップリとしたストローク感をお楽しみ体感して頂けます。

    フロントダンパーの電気モーター取付け







    フロントダンパー上部にモーターを取り着ける際 懸念されたのがスペースの問題でした。モーターの大きさも結構あり、ボンネットへの干渉が心配されましたが、やはり大きく当たってしまう事が判明しましたので、急遽ダンパーを下に下げるスペーサーの製作に掛かりました!
    そして25mmのスペーサーを作り、そのスペース確保に到達致しました。またモーター上部にも純正のカバーが、スッポリ被さる様にし、水の侵入を防ぐ事にも対応出来ました。

    リアダンパーの特徴









    リアダンパーは、BMW初のタイヤハウスからの脱着が可能なダンパーとなっていました。従来はトランクルームの室内カバーを外し、上部ナットを外しての交換でしたから、作業的には画期的な物となっていましたが、今回困った事に、ダンパー上部にスペースが無い為、モーターを収納するケース作りも必要となりました。オレンジの部分が作成したケース部分となります。

    電制コントロールモニター



    全てのダンパーに取り着けられた4個のモーターからの配線を室内に引き込みますが、この作業は非常に時間と労力を必要とします。しかしながら輸入車でこの様なシステムを持つキットは存在しませんので、その労力は惜しみません!室内に配線が引き込まれましたら、お客様のご要望に合わせ、どんな所にも設置が可能となりますので、お申し付け下さい。

    ギャラリー



    販売価格(税込): 445,500
    • 数量:

    この商品に対するお客様の声

    この商品に対するご感想をぜひお寄せください。