現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
商品コード: ORW-D-BMW85 Z4

ORANGE WOLF ECDキット E85 Z4 専用

ORANGE WOLF ECDキット E85 Z4 専用
販売価格(税込): 429,300
ポイント: 3,975 Pt
製品特徴&仕様

○フロント アイバッハ社製スプリング自由長170mm/スプリングレート5kg
○リア アイバッハ社製ローダウンスプリング Z3用リアのみ使用
○全長調整式
○前後正立式モノチューブダンパー
○電気モーターによる40段減衰調整式
○室内モニターにより瞬時に減衰調整が可能
○調整モニター室内に装備
○取り付け配線工賃は別途となります
○車検対応
○製品保証一年間

内訳
ダンパー&スプリング 取り着け用備品 350,000円(税別)
電制モーター&コントローラー 47,500円(税別)
販売価格(税込): 429,300
ポイント: 3,975 Pt
  • 数量:

NEW ダンパーメーカー誕生! 木下みつひろプロ コメント!!





BMW E85 Z4 オレンジウルフ ECDキット完成!

Z4は非常に難しいサスキットでした。
苦労したのはリアのストローク不足でした。
車高を下げるセッティングで納得のいく性能を確保する!
これが非常に苦労しましたね。ダンパーのストロークを確保しつつ、減衰力を適正な状態にセッティングしなければならないからです。

Z4はルーフが無い分ボディー剛性に特徴があるために、減衰力の性能を細部にまでセッティングしフラットな乗り心地、そしてアグレッシブに走行した際の性能までも追求しました。

フロントのストラット式ダンパーセッティングにもこだわり、BMWらしいハンドリングを際立たせてタイヤの接地感を最大限に生かせるセッティングにしました。

そして忘れてはいけない、室内でダンパー減衰アジャストが瞬時に出来るのも大きなメリットで、シュチエーションに合わせて皆さんがどんな減衰でも満足ができるセッティングにしました。

今回非常に苦労しましたが、Z4が2ランク以上グレードUP!
納得のいくサスキットが完成しました。

電動減衰調整式 フロントダンパー











E85 Z4用Fダンパーを作成する際、一番悩まされた事がやはりストローク量の十分な確保でした。リアほどでは無いにしろ少しでもストロークを稼ぎたいがゆえに致し方無く、アッパーマウントをピロ化しました。本来であれば純正ゴムマウントを使いたいところなのですが!

ところがダンパーの減衰を木下みつひろプロ指示の元、何度か変更を繰り返す内、もうピロとは全く感じなくなっていました。お伝えしなければ、きっと皆様もお気づきにならないと思います。

フロントダンパーの電気モーター取付け







フロントダンパー上部にモーターを取り着ける際 懸念されたのがスペースの問題でした。モーターの大きさも結構あり、ボンネットへの干渉が心配されましたが、やはり大きく当たってしまう事が判明しましたので、急遽ダンパーを下に下げるスペーサーの製作に掛かりました!
そして25mmのスペーサーを作り、そのスペース確保に到達致しました。またモーター上部にも純正のカバーが、スッポリ被さる様にし、水の侵入を防ぐ事にも対応出来ました。

リアダンパーの特徴











リアダンパーも全長式の為 バンプ&リバウンドストロークの確保にとても重宝致しました。また直巻スプリングや純正形状スプリングにも対応出来る幅の広さも時筆です。


【↓モーターを収納するケース】

電制コントロールモニター



全てのダンパーに取り着けられた4個のモーターからの配線を室内に引き込みますが、この作業は非常に時間と労力を必要とします。しかしながら輸入車でこの様なシステムを持つキットは存在しませんので、その労力は惜しみません!室内に配線が引き込まれましたら、お客様のご要望に合わせ、どんな所にも設置が可能となりますので、お申し付け下さい。

遂に完成!オレンジWOLF ECDキット BMW Z4 E85



本日 富士SWでのテストで遂に BMW E85 Z4用 オレンジWOLF ECDキット(減衰力電子制御ダンパー)が完成致しました。

いや~長かったですし苦労しました。いつもながら Zモデルは難易度が高いのです。

それは当然ながらオープンボディによるボディ剛性の点 ショートホイールベースでもあり、はたまたリアのダンパーストローク量が無く、それを確保するのにも毎回四苦八苦致します。

案の定 今回もそのリアには、とことん悩まされ何度かのダンパーの減衰力仕様変更を試みましたが最後はリアのスプリング変更により結果が出ました!

最初は Z4用の樽型ローダウンスプリングを用意しましたが、どうしてもスプリングの存在が勝ってしまい、木下みつひろプロからも、もうダンパー上の問題は皆無ですので何とかスプリングに手を着けて下さいの指示の下 ダメ元でアイバッハのZ3用ローダウンスプリングを入れてみましたが、今日のテスト開始当初から イイね~ 見違えましたね~ と言って頂きましてホッとしました。

そしてここからがプロの凄いところ、リアバンプラバーの見直しで更に良くなり、車をジャッキアップしてリバンプストロークの量を確認し全長式だからこそ成せる技 ダンパーケース長を短くして 15mmもバンプストロークを伸ばし乗ってみたところ、ありゃりゃ ここ富士に向かう道中の脚とはもう別物に変身してしまいました!

どうしても出なかったリアの快適性が見事に実現し、もうマッタリ感さえ醸しだしています。

いや~ いつもの事ですが車を見極めるプロの技には本当に驚かされます!

これでお客様も大喜びして下さると思います。長い事お待たせして本当に申し訳ありませんでした。



販売価格(税込): 429,300
ポイント: 3,975 Pt
  • 数量:

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。